読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近来た優待一覧

今年初更新。

先月から今までに来た優待一覧。抜けあるかも。

 

泉州電業から図書カード1000円分。

八洲電機から鮭ほぐしセットとグルメカード1000円分。

デリカフーズから野菜2箱。

トーカイから水一箱。

ヴィレッジヴァンガードから優待券23000円分。

確かこれぐらい。

一気に来すぎると中々個別雑感は出来ないなあ。

 

最近は信用分で軽く小遣い稼ぎしつつ、現物も含み益が過去最高に。

時折割高っぽいのや、いらない優待銘柄売却しつつ身軽になろうとしてます。

 

まあ、バリューHR暴落分はなかなか取り戻せない感じですが、挫けず買います方向で。

今年のまとめ

 

総合計 評価額 建代金 含み損益 含み損益(%) 基準値比 基準値比(%)
16,122,186.96 2,225,800 +3,546,203.5 +23.93 +33,130 +2.58
総合計 評価額 含み損益 含み損益(%) 前日比 前日比(%)
2,154,619.19 +401,118.95 +22.88 +22,012.8 +1.03

 

俺の口座と嫁の口座の今年の集計。

昨年分は計上してないので、まあ、今年から残しとく感じで。

巴工業から株主優待到着

株価:1715

予想PER

15.71倍

予想EPS

109.2

実績PBR

0.71倍

実績BPS

2,399.53

予想配当利

2.62%

予想1株配当

45

【特色】中堅化学機械メーカー。デカンター型遠心分離機で国内首位。輸入化学品商材の扱い大きい
【連結事業】機械製造販売24(6)、化学工業製品販売76(3)【海外】17
【好 転】15年10月期は遠心分離機など機械がずれ込み分の寄与で操業が改善。在庫評価損一巡も寄与。化学工業品は輸出業界向けが多く需要堅調、円安による仕入れ高を価格転嫁と付加価値高い製品の伸長で吸収。通期営業利益好転。のれん特益ない。
【開 拓】米国での遠心分離機販売は補修工場完成を機に品質、メンテ武器に受注挽回。アジアで新拠点も。15年5月本社移転。

 

優待は10月権利でワイン一本。

今年から中間配当を開始したため、優待権利が4月10月に変更になっている。

指標的には割安感があり、優待配当ともに魅力的。

業績的に目立ったとこはないので大きく上がることは望めないが、まずまずの銘柄といえる。

エイジスから株主優待到着

株価:1707

予想PER

10.1倍

予想EPS

169

実績PBR

0.96倍

実績BPS

1,787.28

予想配当利

2.64%

予想1株配当

45

 【特色】棚卸代行で国内断トツ。地域FC等と連携し全国展開。海外棚卸代行、国内店舗支援を育成中
【連結事業】国内棚卸サービス82(8)、海外棚卸サービス7(-12)、リテイルサポートサービス12(4)
【堅 調】国内棚卸代行は大手顧客中心に案件増、新システムで作業効率が向上。海外棚卸代行は大手小売りやコンビニのアジア圏での出店増がプラスし今期黒字化にメド。減損等の特損一巡、純利益水準高まる。
【育 成】海外事業拡大へ日本で長期受け入れ教育、経営幹部の現地社員積極登用を拡充。国内は閑散期対応でカートのメンテリース、フロア案内等店舗支援事業広げる。

 

9月権利で100株保持者にお米券3kg。

 

改めて見なおしてみると、利益資産共に順調に積みましており、尚且つ株価も多少調整入れつつも順著に上昇中。海外相手の伸び率がじわじわと伸びてきてるものの、会社計画は未達。改めて見なおしてみると、長期的保有を前提にすれば、すげえ安心して保有できる銘柄だな、と。海外向けが花開けば一気に躍進もあるとは思ふ。いつになるかは知らんが。

ケーユーホールディングスから株主優待到着

株価:624

予想PER

14.48倍

予想EPS

43.1

実績PBR

0.63倍

実績BPS

983.65

予想配当利

3.21%

予想1株配当

20

【特色】中古車販売大手。ベンツ、BMWの正規ディーラーも。関東で店舗網拡大。自動車保険にも注力
【連結事業国産車販売44(6)、輸入車ディーラー56(6)
【減収減益】前半は増税影響残るうえ、駆け込み需要剥落する後半も厳しい。輸入新車販売はベンツ、BMW、VWとも縮小。中古も苦戦で特に国産車が落ち込む。営業減益。記念配落とす。配当性向30%目安。
【開 拓】8月の戸塚店で出店一巡だが意欲高い。ディーラー店舗は東京・神奈川・埼玉、中古車展示場は東日本で用地探す。自動車ディーラーなどのM&Aにも前向き。

 

優待は年2回クオカード500円ずつ。

 

指標的には割安後輩棟銘柄。

自己資本比率も高く、安定している。

とはいえ業種的に考えて、でっかくなる見込みも特にない感じではある。

イートアンドから株主優待到着

株価:1704

予想PER

17.77倍

予想EPS

95.9

実績PBR

1.68倍

実績BPS

1,016.96

予想配当利

0.88%

予想1株配当

15

【特色】外食チェーンと冷凍食品製造の2軸。いずれも『大阪王将』ブランドが柱。全国4カ所に自社工場
【単独事業】外食54(7)、食料品販売46(3)
【利益足踏み】外食は純増30(前期17)。大阪王将の既存店前年割れだが新メニューやデリバリー強化で改善。直営店増加による人件費増、大阪王将45周年で広告宣伝費大幅増。前号増益予想から一転営業微減益に。
【業務提携】出前フード仲介サイト運営の夢の街創造委員会と提携、食材販売や人材紹介・派遣につなげる。冷食のギョーザは水と油不要のリニューアル新製品に注力。

 

優待は年2回で9月権利でお食事券2000円分、3月優待で自社製品3,000円相当。

 

配当優待利回り的にはそこそこな感じで、やや割高感はあるものの、まだまだ拡大の余地あり。実際問題、店舗もそこそこの客入りとコスパ高めの内容なので、問題なくホールド出来る感じ。

リックスから株主優待到着

株価:1062

予想PER

12.07倍

予想EPS

88

実績PBR

0.88倍

実績BPS

1,208.48

予想配当利

2.17%

予想1株配当

23~24

 

【特色】鉄鋼、自動車、電子向けポンプなど産業機械・機器のメーカー商社。新日鉄へのゴム靴納入で成長
【連結事業】鉄鋼31(9)、自動車23(6)、電子半導体9(5)、ゴムタイヤ10(5)、高機能材3(8)、環境6(6)、紙パルプ他18(6)【海外】10
【横ばい圏】設備投資回復受け部品交換など復調し、柱の鉄鋼向けは増加。自動車や電子向けも伸長する。だがゴムや環境は前期2ケタ増の反動で伸び鈍い。原価・経費抑制するが好採算品減り営業益横ばい圏。
【海外攻勢】中国大連の継ぎ手工場は8月生産開始、日系工作機械メーカーを深耕へ。将来は現地企業開拓も狙う。米国の自動車向け洗浄装置販売拠点は今期中に開設。

 

優待は年2回クオカード1000円分。

自己資本比率そこそこ、業績的にも特に危なげない感じで、尚且つ指標的にはやや割安且つ優待も魅力的と、最低単元保持し続けるのに全く問題のない優秀な銘柄である。