2009-06-09から1日間の記事一覧

三冊

『神々のプロムナード』鈴木光司 見事に物語りに収拾をつけてるのはいいんだが、中盤辺りのドキドキ感は完全に無視された形であり、部分点は満点近いのに合計点は平均未満という微妙な作品。 それもこれもオウムが悪いんだ、と初めてあの教団を糾弾してみた…