2009-07-04から1日間の記事一覧

鈴木光司

『生と死の幻想』鈴木光司 表題通りのテーマを備えた6編。 短いながらも上手い文章だが、ミステリ的ではなく淡々と面白い物語が紡がれている。 通して読むと一貫性が面白くもあり、一貫的過ぎて満腹にも感じる。 やはりこの作者は長編のほうが好みだ。 201冊…

ということでヱヴァンゲリヲン新劇場版破を見に。 1000円デーじゃない日に映画見るとか個人的に限定的条件以外では却下だが、まあ今回は俺のテンション優先。 内容については何言ってもネタバレなので全略。 とりあえず各所で言われてるとおり、絶対劇場で見…