マリア様と碇様がみてる

マーガレットで連載中の『マリア様がみてる』をなんとなく手に入れて久々に一話から読んでたら信じられないぐらいに身悶え。萌えるとか萌えないとか言ってる暇が無い勢いで萌え続ける。祐巳ちゃん然り由乃さん何気に蔦子さんまで。勿の論で志摩子さんも激烈萌え滾ってます。早く4話も読みたいんだけどまだ入手できてません。待ち焦がれてます。


そいでついでにエヴァ2

ガンパレよりも素敵なグラフィックに加えてフルヴォイス。その代わりに操作性が格段に悪くなってます。くるくる視点変更されるのは良いのだけれども厄介で。なんかガンパレシェンムーの間に位置してる感じ。何気に移動できる場所が少ないのもガンパレよりも劣った点かな。

ただし、ガンパレと違って完全なキャラゲーとして受け取れるのが大きな利点。マヤとゲンドウが仕事の話をしている間にシンジが割り込んで穏やかに話している光景をリアルに(っていうよりアニメで)想像すると驚愕を通り越して笑うしかなくなる。ペンペンと爽やかに話をする人々の心理状態なんかも想像すれば爆笑必至。

徹夜で頑張ろうと思ってたけど21時になる前に嫌になるほど眠いので諦めようと思ったけど東京では72時間起き続けれたので奈良で出来ないわけが無いと思いなおしたのでやっぱり徹夜でプレイしたいんだけど明日は遠足で滝を見に行くしバスにも乗るから体力維持の為に早く寝るべきかもしれない。

さてさて如何するか。