たかじん胸いっぱいスペシャル

関西と関東の女性(21歳)を100人ずつ集めてトーク。何故か星野元監督とか登場したりと物凄いことに。

で、それの中の大阪女の東京女のイメージ。

黒髪ストレート薄化粧ブランド大好き。
地味でいつでも葬式にいけそう。

関東娘の関西女のイメージ。

茶髪で巻き髪マスカラ塗りすぎアクセサリーはゴールド系シャネル大好きロゴでかいの大好きミニスカ網タイツ。
とにかく派手でけばくて水商売っぽい。


双方の勝手なイメージ名割に会場を見回してみると結構イメージどおりだったりする。女がブランド好きなのは最早遺伝子レベルでのことって気がするから仕方ないとして、他の要素を考えてみると東京の方が俺の求めるタイプが多く存在している気がする。やはり将来は上京あるのみか。

それはそうと大阪女お小遣い一月約4万で東京女が約6万らしいんだが、同じ21歳で性別が違うだけの俺が1万円しかないのはやはり男女では親の可愛がり方が違うってコトだろうか。と思いつつもクラスの女は大半バイトして自分で稼いでるのを思い出すと、それは小遣いだけで足りないのかバイト代を小遣いを認識しているのかのどっちだろうという疑問まで湧いて来ました。