今年一発目

タイトルの文字の厳密な意味を知らないまま使ってる人間は俺を含めて何人ぐらいいるんでしょうね。多くても一億人ぐらいだと思いますが。

それはそうと香川への帰省とか母方の祖父の家に年始に行って獅子鍋食わされまくったり犬が鶏の尻尾を噛み付くシーンを見たりとしてる間に今日になってしまいましたが俺の事情とは何ら関係なく2004年が来たようです。

とりあえず現時点での生きがいは来週放送のマリ見てです。

帰省中に頑張って読みまくったメフィスト賞受賞作家の作品なんですが、以前からお気に入りだった浦賀和宏作品の他に古処誠二の作品にもすげぇほれ込んでしまいました。自衛隊に興味のある人は必読です。浦賀作品は一度面白いと思うと多分最後まで読みたくなってしまうので注意が必要です。俺は読みたいのに4冊目が無いので既に入手してる5.6冊目が読めないのです。古本屋に行く時間もないしいつになったら手に入れれるんでしょうか。

それはそうと今日からは勉強しかしません。