理由その1

電車内と昼休みに読む予定の本を忘れました。
確かタイトルは正しい怪異の払い方。
マルドゥック・スクランブルを早く読みたくて発狂しそうな身ではあるものの、土日の安らかな時間に没頭する為に我慢しているのです。その代償として読もうとした怪異すら忘れた俺の気持ちは推して知るべし。仕方ないので昼休みは筋トレしてました。お陰で午後は眠く無かったです。