久々に読了

『i.d 神使いたちの長い放課後』三雲岳斗

コールドゲヘナとかランブルフィッシュとかで有名な三雲さんの作品。暗い過去をもって他人にほとんど興味のない異能者を主役としたバトルものだかミステリーだか中途半端な位置づけの作品。サブタイにあるとおり学園が舞台ってことなので友情恋愛その他もろもろも内包してる多ジャンルにわたる面白さを持った良作。世界がレベリオンと同一らしいのでそっちも読もうと思います。

キャラクター能力設定ともに中々良し。
今後も読み続けるでしょう。


『零崎双識の人間試験』西尾維新

ネットで読めた試験の加筆修正作。
戯言遣いは登場しませんが、地の文自体が戯言めいてるので戯言感は存分に味わえます。でもキャラ的にいーちゃんが出ないのはやはし寂しいですね。

加筆修正分が思ったよりもいい感じなので買ったことは間違いじゃないと確信しています。ただ、あの長方形CDなんですが、今時PC横置きしてる人はすくねーんじゃねーかなーとかマックにも適合させろや講談社とか思ったりする以前に、如何考えても本体価格を400円程度割り増しするほどのもんじゃねーだろって感じです。あのCDつかなきゃ、っていうより値段1000円に抑えれたら売り上げも増したんじゃないだろうかと思うのです。幾ら売れたかなんて知りませんけどね。