漫画雑誌篇

生まれて初めて読んだ漫画、というものを覚えている人はいるだろうか。
絵本ではなくて漫画。
それがドラえもんという人はいるだろう、ドラゴンボールという人もいるかもしれない。私たちの年代ならばつるぴかハゲ丸とかおぼっちゃまくんという人も多いかもしれない。

私の場合は少し違う。
私の記憶に有る中で、初めて読んだ漫画というのは『釣りバカ日誌』というタイトルの漫画だ。最早日本映画を代表するバラエティー作品の原作であるこの漫画は実のところ釣り小説ではなくただのサラリーマン小説だったりもする。掲載誌がビックコミックオリジナルという大人向けの本であるため当然のようにルビはないし子供には理解できない合体が出てくるし浮気に不倫に社内抗争と情操教育上どうかと思う内容が結構あふれている漫画である。

スタートラインの時点で間違っていた気はするものの、それ以外は年相応の漫画を読み進めていった。

小学校のときは毎月コロコロとボンボンを読み、中学に入り学校帰りに本屋によるようになればジャンプ・サンデー・マガジン・チャンピオンといった有名どころを読み、高校に入る頃には前述の雑誌のヤング版や少年エースアフタヌーンといったややマイナー雑誌にも手を広げ、現在はヤンキンアワーズだの電撃大王だのバンチだの近代麻雀だの多ジャンルにわたり、ありとあらゆる物に手を染めている。

そんな俺が現在唯一購入し続けている漫画雑誌が少年ガンガン。創刊一年目から買い続けているこの漫画誌、現在は鋼の錬金術師という稼ぎ頭に頼りきっている感じがするものの、昔々は本当に面白い雑誌だった。パプワ、ハーメルンロトの紋章、グルグル、シャクマ、ツインシグナル。途中で品質が落ちた作品も多数あるものの、充分に傑作と呼べる作品が昔は揃っていた。現在はただの同人あがりの自己主張の場に成り下がってしまっているが。

全作品が面白い漫画雑誌、そんなものは存在しない。
今ガンガンで面白いと思える作品も精精5作程度。ジャンプやマガジン、サンデーといった御三家ですら駄作の方が遥かに多い。だからこそ家の本棚を眺めてみると各出版社の漫画が無差別に並べられているのだが。

それにしても近年は漫画が面白くないことが多い。昔と違い目が肥えてきた、或いは人3倍ぐらいの勢いで読み続けた結果、似たものばかりで傑作と呼べる作品が少ないことに気づいてしまったのかもしれない。どちらにせよ昔ほど単純に漫画を楽しむことが出来なくなってきたのは確かだ。

次の段落では、そんな情勢においても俺の心の中で確かな地位を気づいている漫画家達について述べるとしよう。