漫画家篇

優れた漫画家との出会いは人生でも稀に見るほどの幸運です。私自身これまで数知れないほどの素晴らしい漫画家の作品を読ませていただきました。今回はその中でも特筆しなければならない、極めつけの漫画家達を二名だけ紹介させてもらいます。

先ず一人目、ギャグ漫画における至高『牧野博幸

代表作『勇者カタストロフ』『超弩級ほかほか戦士チャブダイン』

現在はコミックブンブンというジャリたれ向けの漫画にて久々に連載をもっています。

スパロボ4コマやドラクエ4コマを読む方もご承知のことが多いかと。
初めてこの人の漫画を読んだのはおそらくドラゴンクエスト4コマ漫画劇場でのこと。その後勇者カタストロフにおいて究極とも言えるギャグの真髄を完璧に魅せつけられました。個性溢れ過ぎるギャグセンスは他の追随を全く許しません。パロディー&脱力感満点、それが牧野漫画也。一時期我が家では『皇帝』の二つ名で呼ばれていました。


二人目、葵堂ランキング8年連続1位『川原正敏

代表作『修羅の門』『修羅の刻』『海皇記』

中学以降の俺の活動理念を根底から変貌させた最高の漫画家。
本当に欲しい本は全て自分で買わないと気がすまない俺が、一番欲しいが故に所持することを自ら禁じた作品、それが修羅の門修羅の刻。理由は至極明快であり、購入すれば毎日毎日それだけを読み続けることになるから。それほど俺の中では優先度が高く、俺の生涯を通じてこれ以上の作品に出会うことは絶対にない、あるとすればそれは川原正敏が紡ぐ物語以外には考えられない、と断言できる二つの作品。

この作品の何が良いのか、それは最早言葉に出来ない事柄である。絵の粗さや背景の無さ、台詞中の『・・・・』の多さ。他の作品ならば全て欠点にしか移りようがない箇所すら、この作品に存在しているのならば美点でしかない。シナリオキャラ設定人物描写闘争理由戦闘描写、それらの全てが極限。

川原さんは全てにおいて優先するのです。