映画の感想

『ミザリー』(1990)

スティーブン・キング原作の同名小説の映画化作品。
ミザリーというタイトルの超人気シリーズの作者であるポールは、ミザリー以外の作品を書くためにミザリーが死ぬことにより物語を終わらせることにする。その直後、車で移動中に崖から転落たところを、近所に住む看護婦に助けられる。その看護婦はポールの信仰者でありミザリーの大ファン。ミザリーを愛する彼女は、ミザリーが死ぬことを知り・・・

人の中の狂気を描く傑作。
この映画ですら目を覆いたくなるような描写があるというのに、原作には到底及ばない作品との評価が多い。シナリオの緻密さや人間描写の恐ろしさなど、どれをとっても映画として一級品なのだが、そうすると小説は一体どれほどの代物なのか。

恐怖するシーンは数あれど、俺が一番恐ろしいと感じたのはラスト近くのポールのとった行動。書き手ではなく読み手として生きている俺だからこそ、こう感じたんだろうね。

正直、看護婦の気持ちも少しわかります。