またまた読書

『明日があるさ ちょっトク文庫版』林原めぐみ あさぎ桜

現在の俺のバイブル。
漫画は可愛くて面白いわ林原さんのエッセイ自体が素敵だわ。普通に出版された方も持ってるし、ちょっトクの方もこれで読むのが3度目ぐらいだし。葵堂は看護専門学校に行くだけでも死に物狂いだというのに、林原さんはそれと同時に声優の養成学校に通い更にプロとしての仕事もしていたわけで、それはなんかもう想像すら出来ないほどに過酷な日々だったのであろう、と。そう思いながらこの本を読むと自分の小ささが明らかになってしまうって感じではあるものの、だからこそもうちょっと頑張れるかなーって気になるのです。