よぉ、新兵。昨日が初陣だったらしいな、どうだった?

ああ・・・まあ気持ちはわかるけどな。最初ってのは誰でも躊躇しちまうもんだ。特に生身だったらな。生が怖い奴は遠慮せずにギガンテスに乗っときゃいいんだよ。ギガンテスだよギガンテス、ほれ主力戦車

・・・ん?戦車なんて鉄の棺桶じゃないのか、だと?

ふぅ、まだそんなこと言ってる奴がいるのかよ・・・。誰だ、お前にそんなデマ吹き込んだ馬鹿は。

ああ、あの人か。確かにあの人の戦い方だとそうかもな。何せ単身で特攻掛けて目の前の蟻にロケットランチャー叩きこんで自分もろとも吹っ飛ばす人だしな。あれでいてまだ死んだことないってんだから化け物だぞ実際・・・まあ死んだらおしまいだけど。


なあ新兵。戦車ってのは決して鉄の棺桶じゃあないし、ましてや物資回収用の足なんかじゃねえ。あれはな・・・兵器よ。しかもとびっきりのな。

新兵、お前が今使ってる獲物はなんだ、見せてみろ。

アサルト18とゴリアス・・・なんつーか面白みの欠片も無いぐらいに新兵的な装備だな。
まあそれはいいとして、だ。
いいか、今のお前からするとゴリアスってのは最後の手段ってぐらいに強い武器って気がしてるだろ。
それ自体は確かに間違っちゃあいねえ。ここらにいる蟻ぐらいならアサルトでも楽勝に狩れるしゴリアス
なんか撃った日にゃあ粉微塵になって体液を撒き散らすことだろう。
でもな、そのゴリアスを何発ぶつけてもビクともしねえ蟻ってのもこの世にはいるんだ。
信じられねえ気持ちはわかる。アサルトで殺れる蟻にすら喰われちまう兵士も幾いるしな。
お前自身昨日の戦場で同じような思いをしたんだろうしな。
でもな、思い出してみろ。昨日お前とあの人が蟻に囲まれそうになったときにあの人はどうしてた?
だろ?全然焦ってる感じもなかったよな。多分俺があの人でも同じだったと思うけどな。

その理由は簡単だ。
お前が昨日殺った蟻は、お前にとっては恐怖すら感じる宇宙生命体なんだろうけど。
俺たちにとっちゃガキの頃に巣に水注いで全滅させてた蟻と同じなんだよ。
昨日の蟻なんざ俺たちが普段殺ってる蟻に比べたら無視しても問題ない虫だ。今の笑うところだぞ。
あの程度の蟻が突撃してこようが頭囓ってこようが俺たちには怖いことなんて全くねえ。
経験の差もあるし装備も全然お前のとは違うからな。
まあ俺らも新兵の時はお前と似たようなもんだったけどな。

俺らが狩ってる蟻ぐらいになるとな、ゴリアス何発ぶちこんでも全然死なねえんだよ。
それよりもっと強い・・・まあゴリアス2辺りなら3発ぐらい入れたら殺れるけどな。
でもな、そんな奴らも一撃で殺る方法はあるんだ。
っても話の流れでバレバレだけどな・・・なんだかわかるか?

そう、戦車だ。可愛い可愛いギガンテスの120mm砲。これを当てれば一撃よ。
すげえぞぉ、集団の真ん中にぶちこめば何匹も同時に粉微塵だ。
最悪殺しきれなくても怖いことは何もねえ。
生身だったら走って逃げても逃げ切れるもんじゃねえけどな。
ギガンテスなら一目散で猛ダッシュよ。
ある程度距離稼げたらササッと反転して一発かましゃあ全滅よ。
チクチク豆鉄砲当ててるのが馬鹿らしくなるぜ実際。

だから俺はいつでも何処でもギガンテスで殺ってるんだ。
もっとも、時々囲まれすぎて壊されることはあるけどな。
つても爆破に紛れて逃げちまえば結構生き延びれるもんよ。
俺がその証拠ってなもんだ。

いいかあ新兵。
俺は別にお前に戦車に乗れっていってるわけじゃあねえ。
ただな、戦車って兵器に乗るって選択枝があることを知ってて欲しいだけだ。
戦場ではな、どれだけ選択枝を残しておけるかが生死をわけるんだ。
戦車を棺桶と見るか兵器と見るかで人生変わるかもしれねーしな。
ま、機会があったら試してみろや。

ん?どうした、何か質問か?
あの人は戦車に乗らずにどうやってその強い蟻を狩ってるかって?
だからさっきいったじゃねえか、蟻の目の前でロケットランチャーぶちかますって。
それもお前が使ってるような豆鉄砲とはわけが違う。
ゴリアスSSSっていう阿呆みたいな威力のロケットだ。
まあ普通の人間なら爆風に巻き込まれたら跡形無くなるぐらいの威力だろうな。

・・・だから言ったじゃねえか、化け物だってよ。
お前は真似すんじゃねーぞ、正直死ぬからな。


戦車は偉大です(挨拶)

ハードぐらいまでならともかく、そこから先は乗り物無いことにはどうしようもないですね。まだシナリオ20も終わってないのにインフェルノに挑戦すること自体どーかと思うんですけど。

無理矢理インフェルノ越してたら良い感じの武器が手に入ったんですが、途端に戦闘が楽になりました。

昨日に引き続いて独り言風地球防衛的SSもどきです。
なんか初回よりもめちゃくちゃ長くなったので読むのうざいでしょうけど。書いてる間は楽しかったから許してください。