今日の読書

カオスレギオン聖戦魔軍篇』沖方丁

実は完結篇である第一巻。
これ以外に現在3冊でているが、それは全てこの長編の前の話らしい。いきなりクライマックスを読んでしまったのはちと切ない感じ。

物語としては然程珍しい設定も無く、シナリオ自体も王道中の王道。
昔の仲間が敵に回ったのを追っている主人公の話。
シナリオ自体はシリアスでシビアなんだけど道中の会話がユーモアにあふれている。
その落差がどーも合ってない感じはするものの、面白いことは面白い。
既刊の全ては手に入れて読む予定。
主人公が格好良いです。