なんとなく読んだもの

『君と僕の歌』橋本紡

絵本のような小説のような曖昧な本。
切なさ満開らしいんですけれども特に何も感じず。
小説として考えると文章量的には容赦なくショートなんだけれども絵本と思えば普通って気がします。

立ち読みでもお釣りがくるぐらいの作品。
橋本ファンなら買いかもだけど。