更新は此処だけです

先ずは此処を見てください。




見ましたか?


この記事に納得した人は即座に頁を閉じてください。




閉じてない人は納得いかない人ですね?



それじゃ行きます、今日の日記。
本日は推敲も修正も見直しも何もしない一発勝負です。




長崎のガキがガキ特有の論理に基づいて同級生を見事に殺害した事件をうけて馬鹿な放送局が馬鹿な判断により放送予定を変更しています。ある局の理由として「刃物を犯行に使用する場面があるため、今回の事件に配慮した」とかほざいてます。ということは本来の刃物の使い方である料理番組や工作番組にでも差し替えたんでしょうかね。もしもそうならば納得してやらないこともないんですが。

こういう馬鹿げた事態になってるのは馬鹿が殺る決意をした理由として前日の二時間ドラマだったっていうのがあるのは間違いない。俺自身そのドラマはみていて、中年おばさんの熱演には軽く尊敬の意を表していたりもするわけなんだが、そういうこととは何ら関係なく発展して行ったのが今回の事件。実はオレはあのドラマ見ながら『おいおい今時カッターで人殺ろうとおもわねーだろ普通よぉ。』と思いながら看護記録を書いていたわけだが、一夜明けたら殺そうと思った挙句に成功しちまったガキのニュースで大騒ぎになっているという自分の思いが裏切られたかのような微妙な気分すら味わったのだが、よく考えたらすぐにバレル殺人後に被害者に対して謝りたいだの反省してるだのほざく奴が普通なわけねーからカッターで殺ろうとしようがマネキンで殴殺しようとしようがそいつ本人的には立派なお題目があることなんだろうなあ馬鹿馬鹿しい。

殺ったことを反省するな。反省するなら殺るな。胸がむかつく。反省したいってんなら被害者の関係各位の前に御身投げ出して煮るなり焼くなり刺すなり埋めるなり好きにしてくれといいながら自分の生爪一枚一枚剥いでいくぐらいのことでもしてくれ。

いや別に今回は馬鹿に関して何かを言いたいわけじゃないんだ。馬鹿に翻弄されて番組を変更する馬鹿テレビ局の馬鹿さ加減に言いたかったんだ。

馬鹿が一人の子供をカッターで殺って放送しなくなるってんなら、世界各地で色んな馬鹿が拳銃使って誰か殺したら拳銃が出る番組は全て中止するのか。ということは男が誰か殺したら男が誰かを殺す番組は全て中止するのか。子供が子供殺すぐらいのことで一々世間が過剰な反応するな。自分の番組で何か問題おきるのが怖いんなら最初から何も作るんじゃねえ。以上。