三日

GEAR戦士電童子』全38話

気づけば三日で見終えてたこの作品。
小学生二人が電池で動くタービン満載の不思議ロボに乗って、どこぞの星の反乱機械達と駆け足で戦い続ける作品。乗ってる子供の片割れがどこぞの星の王族の子供、という設定自体はよくあるんですが、この作品における最高の特徴はその王族の子供である主人公の母親が地球防衛組織の副指令として仮面つけて本名名乗ってバイクに乗ってリボン振り回して敵の機械と真正面から戦っているっていう点。勿論主人公はその人の正体が自分の母親ってことは知らないから自分がロボットに乗ってるってことを必死で隠そうとするけど、母親は母親で当然の如く息子がロボットのパイロットってことを知っていながらも知らない振りをしなければいけなかったりするこのやりとりが最高に面白い。このアニメを滅茶苦茶俺が気に入ったのはこの一点に尽きる。

そこだけが良いって訳じゃなくて、キャラの個性がしっかりたってるし、王道中の王道という展開が次々に繰り出されることも逆に好印象だし、萌えるし燃えるしペットは可愛いし敵役っていうかアルテア凄い格好良いしと良いとこ三昧。勿論気に食わない部分とか設定的におかしいだろって点もあるにはあるけど余裕で目を潰れる範囲内のことでしかありません。

最近こういうロボットアニメを見る機会が無かったってことも要因とは思いますが、これだけ一つのアニメを一気に見たのは物凄い久しぶりです。電童が出るスパロボ作品プレイする人とかプレイした人とかロボットアニメ好きでまだこれを見てないって人とかは是非に見ることを薦めます。