読んだの昨日ですが

『月長石の魔石』秋月涼介

いつのかは忘れたがメフィスト賞受賞作。
殺されたい少女と殺したい先生と妙にテンションの高い大学生と無能な警視と人に興味の無い芸術家とその他どうでもいい人達とでお送りする猟奇殺人の話。文章としては大したこと無くてストーリー自体も然程のものではなく、言ってることも何か何処かで聞いたことがあるような気がすることばっかりですが、なんとなく好きなキャラクターが登場したりもしてるから190円ぐらいの価値はあったんじゃないだろうか、と思いはします。無料でなら他の作品も読む気がしますが、金払ってまで読む気はしません。