新撰組

此処最近の大河ドラマ新撰組は『勇の鴨ちゃん篭絡大作戦』とでも思えってのか、としか考えようがないように生き方を間違えてる近藤勇を描き続けてるわけなんですが、今回は何かもう如何しようも無いとしか言いようが無いお話でした。

前回の大和屋の一件の責任を取らせろと会津の旦那方に命じられた勇さんは鴨さんにそのことをそのまんまお伝え申し上げつつも自分は鴨を如何にかする気はねーと仰りやがったところ鴨は新見に腹を切れと迷わず言い放ちまして皆様呆気にとられつつも勇様は新見様を謹慎にして格下げにしただけで参謀的存在である歳三様に『もうこの話は終わりだ』みたいなことをほざいたりしやがったわけなのです。

えーと今日は会津とどっかの戦争っぽいことがあったりで凄く大事な話だったんですが、あまりにも勇が馬鹿馬鹿しいこと仰ったのでそのことをツッコムだけで何か満足な気になったから語るのはやめときます。


正直こんな男に命かける奴らの気が知れないんですが。
最近鴨サイドに立ってる沖田がむかつきながらも気持ちもわかる気がしちゃった今日この頃でした。