ようやく売ってた

古本はほとんど此処に記載するんですが、新刊の場合はあまりにも頻繁に購入するため、時折此処に書いてないのもあるのですけど。今回はどれも既に読み終えているので、変則的ではありますが感想も一緒に掲載します。


ネギま』6巻 赤松健
海皇紀』21巻 川原正敏
新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd』2巻 林ふみの
『School Runble』5巻限定版 小林尽

流石に2000円近く一気に漫画買うと切ない気分にはなります。

ネギまは修学旅行編のラストってことで、エヴァ姉さまのアノお姿が垣間見れます。格好よすぎてたまらない。

海皇紀はロンの戦のためにまた彼が色々無茶をやらかしてます。トゥバンサノオにして不可能に挑む、と言わしめるその所業。必見。

エヴァに関してはなんとも微妙な感じ。結局は少々パラレルな感じのエヴァワールドってことで、妙にこっ恥ずかしい恋愛模様があったりする割には、なんか同人紛いでその辺のss読んでる方がマシじゃねーかって気にはなります。これ買うより途中で買うのやめてる本編を買い揃えるべきかも。

スクランは限定版を買ったんですが、特典の方が中々の出来だったので満足してます。今回はやはり彼が本格参戦したのがもっとも美味しいポイントでしょうか。現在の播磨&お嬢の関係の礎となっている幾つかの事件の中でも最大級のアノ事件も収録されています。しかしカレリンっていうのは彼のことではなくて純粋にイチさんの名前からきているあだ名みたいですね。元レスラーとしては少し残念かも。まあ原作者は当然彼を知ったうえでこの名前にしたんでしょうけど。