3冊ぐらいよんでみようか

『コールド・ゲヘナ③』三雲岳斗

第一部完って感じ。
ドラゴンのこととかバロンのこととか、色々とあった謎が大方収拾ついてます。
相変わらず詰め込みすぎって感じはするんですけど、まあいいでしょう。
ようやく好みの女キャラも登場してきたのでなんとなく喜ばしいわけです。
ただ、バロンがあまりにも強すぎたのが少々面白みにかけたかも。
今読んでいる短編集の方でもなんですが、ちょっと異常すぎですね。
まあ一体だけ核使ってりゃエネルギー的に無敵なのは当然なんですけど。

しかし、どうにもこのシリーズの絵は嫌いです。

『コールド・ゲヘナ あんぷらぐど』三雲岳斗

短編集。
バーンの過去話とか、本編の間の外伝的な話とか。
ひたすらギャグに徹する話があったり、妙にほのぼのする話があったりと様々。
バロンにまつわる話は、なんか凄いよかったです。
シリーズ通算の評価がこの一冊を経たことで一段階上がった感じ。
俺はどうもこういうのが好きみたいです。


『コールド・ゲヘナ④』三雲岳斗

第二部スタートって感じ。
バーンのロストアーツに纏わる話がちらほらと。
後はアイスの昔の男が出てきたりしてました。
でも短編集ほどの面白さはなかったのです。

新キャラ出てきたから次の展開に期待、といいたいけど此処までしかでてないんだよなあ。