最後no日々

ということで美鳥の日々終了。
なんつーか、文句のつけようが無いラストという感じ。
厳密に言うとそこまでのくだりに色々異論はあるんだけど、此処まで八方丸く収まっちゃうと傍観者としては何も言ってはいけない気がします。そう、例の独占必殺技をくらう蛇の如く。

原作もそろそろ終わりそうなので最後まで付き合う覚悟をきめたし、初めて読んだときには散々酷評したオレとしては少々後ろめたい感じはあるものの、中々の電波的ラブコメだったと思います。