NHK

ひきこもり世代の筆頭だかなんだかしらないが、とりあえず作家である滝本竜彦の小説はどうにも評価しがたいものであり、読んでて鬱に成るような苛々するような、そんな感じで絶対に爽快感を得ることなんて出来るはずがないものである。一応これまでに2冊読んだものの、もう二度と読むことはないだろうと評価していたので漫画版『HNKにようこそ!』が始まっても興味がわくことがなく過ごしていた。しかしここ数日、ネットにおいてHNKにようこそを高く評価する声があるのをみつけてしまった。評価とはいえそれはただ単に『岬ちゃん萌え〜』といったものでしかなかったが、その時の紹介文に作画『大岩ケンヂ』という文字があるのを認識してしまった。大岩ケンヂといえば名作『GOTH』を見事なまでに漫画化した俺が未来をかない期待している漫画家の一人。彼が書くのだからあの阿呆らしいNHKにようこそも多少は読めたものに仕上がっているだろう、という根拠というには弱い理由を武器に購入に至ったのだった。

結論は、確かに岬は可愛いけれど、まあ原作がアレだし仕方ないかって感じ。とはいえ原作読んでるよりは楽しめたけどね。