ウォーターボーイズ2

今日は10分遅れ。
あと10分ぐらいは余裕があると思って学校へ行こうを見ていたので4秒ほど録画をミス。下手したら10分ぐらいは抜けてる所だったので救われた感じか。

前回スポンサーが加入したため、早速金を唸らせて揃いのジャージを入手。そんな瑣末なことより、岩ちゃんが相変わらずバカヨ(って言うと怒られるけど)に惚れてることが判明したことが重要ですね。そこから怒涛の勢いでヒロインが退部届けを提出しやがりました。出来ればこのまま作品から退場してもらいたい所ですが、まあ多くは望まないで起きましょう。どうせすぐ復帰するんだから。

プール使用禁止に伴い深夜に忍び込んで練習し始めてますが、やってるのはクロール禁止音立て禁止の超スローペースシンクロ。そんなことより、ようやくヒロインの友達の名前がわかりました。梢らしいですね、色々と感慨深い名前です。彼女の紹介で滝つぼで練習を始めたみたいですが、死にますよ本当に。それにしても可愛いなあ。佐野君が惚れてるみたいだけどこの恋は叶わなくていいです。副部長はヒロインに惚れてるし、何か色々大変そうです。私服で髪括ってない梢(と呼ぶとどうもむず痒い)の可愛さは半端じゃありません。

一挙に変わって実家のシーン。井上和香が突如きやがりました。ヒロインと井上和香のコンビ。正直最も必要の無いシーンですね。ファンの方には申し訳ないですけど。とか散々酷評しつくしてる俺ですが、多分最終回までにヒロインに好感を覚えるようになってるんでしょうけどね。俺ってそういう奴なのです。

今回の主人公の空回りの理由が電話をかけてきました。焦りに焦ってますね。流石はウォーターボーイズです、こういう愚か者でなければ。いや、しかし本当に今回梢(上に同じ)の出番が多くて素敵です。今日この日迄この娘の名前を覚えれなかったのは多分この名前が原因なんでしょう。最近久々に関わりを持ったので名前として認識することが出来るようになったんだと思います。

さてシンクロ大会。
当然のように控え室は女子だけしか入れないわけで、色々と大変です。ていうかこいつら男子のシンクロ大会と全員が思ってたってのが色々とびっくりだ。展開は見え見えだが頑張ってくれ。心底楽しみだ。

うわっ、想像以上に面白いし。ていうか先生まで参戦かよ。なんていうかコメントしようのない演技だ。プールが深いというところを見事に表現しきっている。って誰も男って気づいてなかったのかよ関係者。それよりも梢の冷め切った目が素敵だったが。

さあて謎の男の正体が完全に明らかになったぞ。
竹中直人演じる謎の男に比べて良い人度が格段に上のようだ。
名前はよく知らんが五月蝿い女教師の過去も何となく明らかになったりして、いやまあそれは如何でもいいんだけど。空回り主人公が焦りに焦って惨めというかなんというか、コレ事情知ってても鬱陶しく感じるんだから、事情知らない人は全力でうざったく思うだろうなあ。

ヒロインが心情を吐露しています。過剰な凹みの理由が更に明らかになりました。一瞬ホロッときましたがまだまだ俺は懐柔されませんよ。予想では第8話ぐらいでヒロインが梢の足元ぐらいに及ぶランクに到達すると思います。

待ちきれずに親父様が降臨。渋い。最近渋い中年には憧れの念を禁じえません。歳を取った証拠ですね。ラーゼフォンでも功刀さんに憧れっぱなしなのです。いやそれはいいんだけど。親父は常に同じコトを言ってるわけですが、今回はそれに加えて現在の状況を客観的に分析した学友に関することまで言い聞かせてます。多分正当な意見ですが、若いうちは結構利害の枠を超えて相手に価値を見出すものなんです。

といったそばから滝つぼに全員集合してますね。良い感じです。文句を良いながら3時間も待てるってのは凄いことです。俺なら30分後には自宅で本でも読み始めていることでしょう。

主人公がヒロインに対して主人公らしいことをしましたね。なんと今回ダッシュするのはヒロインの方です。何気に梢も登場して良い感じ。さあ走れ。やはりこのメロディーの時は走らねばならない。それとは何ら関係なく、叫ぶ梢も素敵です。愛しいですな。

今度はヒロインが主人公にヒロインらしいことをしてます。熱い魂をぶつけあうのは若さの証拠です。仲間も良いものです。親父ってのはそういうのに弱いと相場が決まってるものです。何せ親父も昔は若者でしたから。そして親父は退場。最終回でまた会いましょう。

ということで全員納まるとこにバッチリ納まりました。途中苛ついた分爽快感もひとしおですな。

本日の点数:98点(梢が良かったものの岩ちゃんの話には及びません)

次回は、何が何だか全然解りません。