DVDゲーム エヴァンゲリオン

アニメのグラフィックはテレビ版を下回り、見事なまでに使いまわされている映像は阿呆らしくすら思え、整合性を無視しきった流れには感動すら覚える。戦闘シーンはダルイの一言に尽きて存在価値が見出せない。一周30分程度ってのはまあいいとしても、終わり方があまりにも唐突過ぎて変に感動的である。冒頭でレイがシンジのことを『シンジ君』と呼んだことも個人的に許せない。此処まで最低なパラレルワールドは珍しい。

救いとしては選択枝によって妙にハイなシンジ君を見れることぐらいだろうか。

結局、エヴァゲームに良作なしという理論を後押しする結果になっただけの存在だ。定価で買わなかっただけましだが。