天使にラブソングをというか天使様がみてる?

傑作。
10年以上も見る機会を逃してた人生を公開。
コメディの鏡って感じの作品ですな。

色々と素敵なシーンがあったけど、一番良かったシーンってのは修道女全員でパイロットに呪いをかけるシーン。流石はアメリカって感じですね。日本だとこうは行きません。もっとも最初から値引きを前提に話をするぐらいに良い人だったからってことでしょうけど。

しかし、英語の歌って訳し方で意味が半端なくかわりますよね。やはりハリーポッターの小説がつまらないのは訳者が悪いんでしょう。

そのうち2も見る予定です(ってまだ放送終わってませんが)