サイン本手渡し&握手会

案の定参加者9割雄。
一割しかいない雌の8割はオタ女でした。
そんな中一人輝く9歳ぐらいの可愛い少女。
今野さんまで『わー、可愛い子ー』なんていうぐらいに際立ってましたね。掃き溜めに鶴の見本。

雄は5割ぐらい傍目にもわかるオタク。
かと思えば格好よいパンクの兄さんまでいて、マリみてデフォルトの『ごきげんよう』の挨拶をしっかりとやって、ガッシリと2人の手を握って颯爽と帰っていきました。趣味に国境なしですね。

俺は特に言いたいこともないのでプリーツを乱さないように優雅に歩いて2人の前に行き柔らかい笑みを浮かべて『ごきげんよう』と首を傾け、静かに手を握り、本を受け取って帰路につきました。なんていうとマリみてっぽいですよね。でもまあそういうイメージで頑張ったということで勘弁してください。

ちなみに今野さんは優しそうなおばちゃんって感じで、ひびきさんは普通に綺麗なお姉さんでした。あの2人が作ってるんだなあ、ということが素直に納得できる外見でしたね。

しかしサイン本ってのは対応に困りますね。普通に読むのは何となく勿体ない気がするし。かといって読まないと本末転倒だし。こうなったらもう一冊読む用でも買ってしまいましょうか、中古で。