新撰組

此間から物語は山南さんを殺すためのフラグを立たせるためだけに進められていて、今回完璧に分岐が確立された。土方との確執、時勢に則さず内部での混乱が止まらない新撰組、新たに現れたむかつく阿呆(俺的には坂本さんを殺す大馬鹿やろうでやる)の登場、妙に気のあう商売女との出会い、失敗した謀反(と土方が呼んでいる現象)、坂本龍馬からの誘い等等。こんなに丁寧に理由を積み重ねていき、今回はついに土方が山南の必要性をホロリと零すシーンまでやってきた。こんな光景を見せられたら余りの痛々しさに視聴者はたまったもんじゃないだろう。実際俺は痛くて痛くて仕方がなかった。ハッキリ言って、次回予告を見た段階で軽く泣けてきたぐらいだ。だからこそこんなことをここに書いているわけだが。

多分このイベントにより、まだまだ甘さが抜けない局長が二周りぐらい大きくなるんだろう。滅茶苦茶美談って感じな終わりが来週に来る気はするが、只管に局長を良い人に押し込める、というか自分の甘すぎる信念に殉じてしまう男として描いているこのドラマにおいては、こういったイベントは必須なんだろう。最後の最後にどんな境地に局長がたどり着くのかは知らないが、山南さんの死を疎かにしないでもらいたい。もっとも、これは大河ドラマを視聴する一人の男としての意見で、俺にとっての大河ドラマはドラマでしかなく、実際の新撰組を愚弄しようがどうしようが何の興味もないわけで、純粋なドラマである新撰組に対しての意見である。何せ俺にとっての史実は修羅の刻に基づいているのだから。