今日のこと

元同級生達と川に行きました。面子は6人で俺を含めた5人が入学時の同級生で1人が入学時の先輩でその中には2組のカップルがいて残り2人のうちの1人にも立派に恋人がって皆まで言わすな。

右手をいためているのでなるべく使わないように泳ぐのも控えめに。実質的に泳いだのは3分未満。もっともビニールボートに乗ったやつ1人を激流の中移動させるために足のつかぬ川の中で岩を掴み岸まで移動させるというクリフハンガー的なことをしたので控えた意味は無い気がするが。異常に川の水が冷たかったので相殺できたと思い込もう。明日の朝が楽しみだ。痛かったら泣こう。

泳ぎ以外にはバイキング。火を起し始めた途端小雨が降って火がついた途端雨がやむという物凄く半端な嫌がらせを受けたもののつつがなく食事は進行。20分ほど只管にキャベツを食い続ける独り者がいたっていうのが何とも不思議だがそれ以外には概ね問題なし。

川の後は銭湯的な温泉で優雅に過ごす。日ごろ目が悪いことで色々と損をしている俺が唯一自分の視力の悪さをありがたく思うのが混浴ではない温泉につかるときで、見たくも無い男の裸体を見ないで入浴が出来るという素晴らしい利点があるのです。しかし温泉の効用とか器具の使用方法とかすら読めないのは少々悔しかったりします。

最後はカラオケ。適当に歌ったのでコレは特筆することは無い。

ボチボチの一日でした。