抑えつけた思いの決壊したその先に(茜)

最初にコンプしたのはバッドの方ですが、何か一々それに関して記述するのが切なくなってきたので今後はバッドエンドに関しての記述はなるべく避けます。流石にこのバッドエンドは人道的とかそういうのを超越した部分で俺のリミット一杯でした。ということで茜ルートについて。

遙ルートでの茜は主人公への思いを表出することなく段々と心を開いていくんですがこのルートでは思いっきり主人公に告白かまします。そのときの思いの丈の表し方といったら凝縮されてる3年分の重みもあってか物凄く衝撃的としかいいようがないものです。姉のことを第一に考えなければいけないという義務感と、姉と自分を裏切った主人公と水月に対する復讐心も相まって抑制されっぱなしだったのが何とも痛々しい限りです。茜が可愛くて仕方ないのがプレイ中の鬱度を更に増加させていくわけで、なんなんでしょうねこのゲームは本当に。三角関係が四角関係になったことによって恋愛という地獄が更に色を濃くしているこのルート。茜の絶叫が響く度に胸が引き裂かれる思いです。

遙への思いは3年間封印し、その間に生まれた水月への思いをも超えて、茜にたどり着く・・・のはいーんだが、プレイしてる人間ですら躊躇する答えを選ばなきゃいけない主人公は死ぬ思いだろうな。

兎に角、そんな物凄い生き地獄の果てのラストは至高の一言に尽きる。感動の度合いで言うと遙ルートの方が圧倒的勝利を収めるが、個人的思い入れから此方の勝利。茜最高。

次水月コンプいきます。