本当のことがどうであれその時に必要だったことに変わりは無い(水月)

ぶっちゃけるまでもなく、このルートが一番自然と思ってます。実質3年間の時間がこの2人に流れているわけで、それに伴う絆の強さは遙とか茜とかの比じゃないはずですから。若い頃に燃え上がって消える前に封じた思いってのも相当強烈そうですけど。まあこれだけ自分しか見てない女は怖くて怖くて仕方ないと思うのが普通ってきがしますが。

しっかしこのルート、遙を避ける選択枝が多くて参ります。此処まで遙優先のルート通りっぱなしだったのでそのギャップが。どうも涼宮姉妹が好きで水月は然程好きじゃ無いってのが影響してますね。

このルートでは周囲的には結構早期に主人公が誰を選んだのかを確信できるんですが、相変わらず主人公はどっちつかずで苦悶しています。普段ならこういう奴見たらさっさと決めろよボケと言い放てるんでしょうが、此処まで感情移入させられるとそんなことはできません。

茜に関してはあやむやで終わりかな、とも思ったんですが見事に完結させてきました。とりあえず茜の未来に幸あれ。

そいでラスト直前の遙のところなんですが、これは本当に水月の話なのか?ってぐらいに素晴らしすぎた。だからエピローグも良い話になっちゃってるし相変わらず歌が流れ始めるだけで涙が溜まってくるし。兎に角後味はいいようです、グッドエンドだけは。

次回からはメインヒロイン以外なので、ちょっとどうなるか不安です。先ずは看護婦いっとくか。