ウォーターボーイズ2

いきなり人気が出てきたシンクロ連盟にはファンがついたり新メンバーが入ったり夏祭りでのダンス演技の依頼がきたりと初っ端から色々あったけどそんなことはおいといて。梢と主人公の夏祭りイベントです。君望プレイ後の俺としては夏祭りイベントには色々と感慨深いものがあります。ていうか梢が来た時のヒロインの態度が素晴らしい。まさに理想的。ちょっと惹かれましたよ。

おおおお、ダンス講師イベントまで発生。どういうキャラなんだこのヒロインは。後半戦にして怒涛のアピールかこらぁあ。素敵だ。『キレなさすぎ』ってのは名言ですよ名言。

それはそうとコーチである謎の男の過去が問題になったようです。前回予告でいってたドーピングのことみたいです。それが判明した途端に愚痴ってる阿呆が二人いますよ。気持ちはわかりますが見てて痛々しいですね。ドーピングの規制は公正を保つ目的と選手の身体保護の二点が主な理由です。前者はよくわかりますが後者は完全には理解出来ません。寿命縮めるのも本人の自由ですから。もっともこれは本人というより周囲に対する目的でしょうね。ばれたら失格になるとわかっているならコーチとか後援者とかが本人知らないうちにドーピングしたりすることは減ると思いますから。

しかしこの主人公も優柔不断ですね。どこぞの孝之程ではないのが救いなんですけど。それにつけても梢は可愛い。常に髪おろしててほしいけど。

今回は五月蝿い教師とコーチの直接対決イベントが発生してます。コーチがらしくないことを言ってますけど、こういうシーンだけが唯一ドラマしてますよね。絶望的なまでに演技力ない人たちで構成されてる作品なので。せめて主人公はもう少しさあ・・・ほとんどの台詞噛んでるよ。

続いて金持ち馬鹿親父とコーチの直接対決イベント。今回は只管にコーチの好感度をアップさせる回のようです。ラストスパートに向けてコーチの立場を明確にするってのは必要なことです。結束も更に纏まったところで・・・ってまた消えちゃいそうな雰囲気だなあ。今回は自分のためじゃないにせよ。多分エンディングで引き止められて先週と似たようなオチになると思うけど。

さて夏祭りイベント開始。初っ端からヒロインの浴衣姿披露でワンポイントリードって感じ。と思いきやそんなことは忘却の彼方って感じのイベント、コーチからの惜別の手紙。一人ずつの注意すべき箇所と特別メニューつき。此処まで決めちゃったら今週での退場は無いかもなあ・・・流石に今回は梢の可愛さも横に置いておくとしよう。まさかヒロインの親父と一服してるとは思わなかったが。コーチを運良く捕まえた後は主人公お得意の熱血交渉。このシーンはこの作品で一番の名シーンって予感だなあ。

ってな感じでこっち纏まったので例のBGMと一緒に青春ダッシュ。大いに踊り尽くして下さいませ。しかし浴衣着て普通の格好してる男と同じスピードで走るなよなあ・・・ラストの手繋ぎダッシュはご愛嬌っつーことで。立松男だよなあ。それを梢が目撃するってのは基本中の基本・・・って目が怖いよ。修羅場だなあ、楽しみだ。

踊りは卑猥さの少ない陸ダンスってとこでした。佐野の水着はレスパンに似てるなあ。何か良い感じで親子関係も修復できたようなので・・・って早乙女先生と卒倒女教師が良い感じに。

一夜明けて。思ったよりも修羅場りそうな予感。次週は見てて痛々しいぞー。

本日の点数:未回答(コーチが良かったんですが梢の目が半端じゃなく怖かったため)

次回は立松君のお話。