面白かった

『殿がくる!』福田政雄

第3回スーパーダッシュ小説新人賞受賞作。
ちょびっと近未来の日本に現れたのは天下無双を具現した六天魔王織田信長。
本作はタイトルどおりに殿の極みである信長様が降臨なされるお話。
主人公は安土桃山時代では御馴染みの丹羽君で、その他少数のメインキャラ。
正直言って信長以外のキャラは上手く立ってなかったり存在意義すら見いだせなかったりします。
また文章的にも少々物足りない所もあるんだけど、そういう欠点は信長パワーで全て相殺。
誰が如何見ても滅びの一途を辿っている我らが日本国を、戦国の英雄信長は一体如何見るのか。
ライトでポップな感じの作品だけど、結構マジに政治問題に取り組んでる気もする良作です。
イラストも中々良いのでかなりお勧めの本作品。
帯見て興味持った奴は買って間違いなし。