リプレイ

『進め!未来の大英雄 新ソード・ワールドrpgリプレイ集①』秋田みやび

最も愛するパーティーであるへっぽこ達の冒険譚其の一。
厳密に言うとこの前に一つあるんだけど、まあ発行順ってことで。

元からリプレイってのはライトノベルと同じぐらいの位置づけで捉えているんだけれど、其の中でもコレはライト中のライト。マスターがほとんど初心者といってもいいぐらいで、マスターの思惑通りには絶対に進まないし、シナリオも何となくコメディタッチなものばかり。まあそれはあまりにも個性的なパーティーメンバーによる所も多いのだけれども、ポップな割りにシビアなマスターの存在も非常に多い。もう何回読んでるのか解らないぐらいに読み返しているこの作品は、やはり何度読んでも面白い。続けざまに現在発行されている最新の巻まで読破しちゃう予定。


『つかめ!明日の大勝利 新ソード・ワールドrpgリプレイ集②』秋田みやび

今回もへっぽこな彼らですが、リプレイ史上最大ダメージを無意味に出したり、推理も糞も無く瞬時にシナリオ内の犯人をみつけちまったりと色々やってます。2巻目ってことでキャラの役割もはっきりしてきて、ボケ役はボケ尽しており、ツッコミはツッコミまくってます。キャラが上手く立ってるってのが良いことで、それはバブリーズの時もそうだったんですが、今回はかなりマッタリ感あふれる庶民派パーティーなので尚更良いのです。しかしリプレイの感想書くのはなんとも面倒ですね。まだまだ続きますけど。