いきの電車で読み終わり

シュプルのおはなし②』雨宮諒

最近お気に入りのシリーズ。
文章が稚拙な感じなんですが、これはシュプルが語っている物語だからなんでしょうね。
よくある話を真正面からぶちかましてくるのもそれが要因。
そこが良いところなんですけど。
今回もかなり良い感じの短編でして、お気に入りは第一話のエピローグのお爺さん一人だけで物思いにふけるあのシーンだったりします。