経験により変わるもの

以前あるサイトを閲覧していました。
面白いかったのですけれど、大笑いしながら読むほどではないよなあと思い、気付いた時にはお気に入りから削除されていました。それから二年ほど経過した昨日。新たなサイトを発掘しようとネットサーフィンに勤しんでいると、久しぶりにそのサイトに再びめぐり合いました。懐かしいなあと思い、メインコンテンツにチラッと目を通すと、面白い。半端じゃなく面白い。最近ちょこっと似通った経験をしていたせいと思うが面白い。

それは兄貴の館というサイトの絶対サポートセンター黙示録というコーナーで、サポートセンターに勤める人達が共同で作っているサイトのようです。最近学校の後輩に度々電話をかけられて『どのソフトはいらないかを教えて欲しい』『CD−RWの中身って如何消すのでしょう』『ここの項目を有効にするにはどうすればいいの』とかいう、説明書読むなりネットで検索するなりすれば3秒で解決するような下らないことの解決に奔走させられてます。昨日の質問項目は俺がやったことないことだったので軽く検索して30秒で解決方法を教えてやると『え、なんでわかったんですか?』と聞くので『アプリの開発元にいってマニュアル落としたら書いてたけど。』というと『ああ、ネットで探すなんて発想したことなかったです』と言う答え。『阿呆。先ずはネットだろうが』と同級生相手になら言ったのですが、後輩で年上というわけのわからん関係なので言わずにおきました。ああ阿呆らしい。

と、まあそんな頭が痛くなるような体験をさせられた今となっては、このサイトのネタが非常に面白く感じれるわけです。早く続き読もっと。