事件シリーズ第一夜

殺竜事件上遠野浩平

 表現が弯曲過ぎたり文章的に意味がおかしかったりするところがあったり、色んな要素を纏めようとしすぎててちょっと全体的に駆け足気味になっていたりもして、正直どうかなあと思う作品。
 なのに上遠野作品の中で俺が最も愛してやまないのがこれだったりする。それはやはりE.Dという戦地調停士の存在が最大の要因だろう。
 作品ではリーゼ視点なので、実際の所E.Dがどう考えているのかなんてのはさっぱりわからないわけだが、そこが尚更E.Dの魅力を引き立てている。
 一応これはミステリーで、事件の真相にいたるのに必要な情報は最初期から読者に与えられるわけだが、E.Dの様子を追っているうちにそんなことはどうでもよくなってきて、語り部(というか読者が視点と定める必要が迫られる)であるリーゼと全く同じような思考をするようにリードされ、真相究明の際にはリーゼと同じように驚かされるのである。
 まあこれはミステリーを読みつつ推理は殆どしない俺だけなのかもしれないが。
 というわけで、何度読んでも面白い殺竜事件でした。