かなり良い日

欲しいものを探しても探しても見つからず、諦めたころにふと見つかることはよくある。特に中古で探している時にその確率が高い。それは単純に、出たばかりのころに欲しがって探しても見つからないのが、時間がたって世に充分に流通した結果容易に見つかることになるわけである。といっても、たいていの場合俺の求めるものは普通の本屋には幾らでも置いていたりするのでどうしても欲しいものはサクッと買っちゃうのだが。

最近俺が探していたものとしてはスクランのシークレットとオフィシャル。これは、全く似ていないマスコットが付属することで値段が1500円で発売していたファンブックである。昨年末に大阪のマニアな店で発見した時には早速プレミアついて定価よりも高くなっていて購入を半分諦めたのだが、本日愚弟のスピーカーを買うべく電気屋に行き、最寄の古本屋に立ち寄った所二冊が並んでおいてあった。マスコットが付属していない不完全版だったが、全く欲しくもないものが付属していないという事実は俺にとって幸運でしかなく不幸と捉えることは絶対に出来ないわけで、本体をつつむビニルに貼られた400円の値札を見せ側が貼り付けた理由としてはマスコットがなかった事であると想像するのが妥当な以上は、これを売りに出したおかしな奴(俺ならマスコットだけ売り払う)への感謝の気持ちが一杯なのである。

捨てる神あれば拾う神あり、という言葉を今回当てはめるのは多分間違いなんだろうけど、棚から牡丹餅的な現象だったことは間違いではあるまい。読む暇あるのかよ、とか、その前に改蔵とか森博嗣とかのファンブック読むのが礼儀だろ、とか思ったりはするものの、買えるときに買わないと買えないのが本というものなのでよしとしよう。