いろいろあったがH2

テスト終了後4人で電車に揺られて奈良に。
県庁いったり奈良県立大学にいったりと結構忙しない。
その後は散々歩いてから帰宅。
読書を楽しんでいると高校時代のクラスメイトから入電。
久しぶりに一緒に飯を喰うことに。
珍しく酒は無しで純粋に食事を楽しむ。
帰宅後ドラマを見る。

今週もH2は素晴らしかった。
個人的に最高に好きなエピソードである、愛好会廃部命令→明和第一と試合→敗北(相手側の意識的な誤審による)→愛好会存続にはどうすればいいか会議→校長の息子を誘拐(無論偽)して野球部を作るよう要求する案を野田が提出→即座に否決(ってかやるなら勝手にしろと呆れられる)→やけくそになって実行→成功→皆びっくり→校長の息子が校長に自分も野球がしたいと自ら要求→誘拐犯の要求は野球部を作れということだけだったが、と校長→自分で要求するよ、と息子→僕も野球が好きなんだ、父さんと同じぐらい、と息子→条件がある、肩を揉め。
と簡潔(とはいえねーな)に記述しましたが、今回はこのエピソード。端折るべきところは見事に端折り、必要であるエピソードは全て不足なく盛り込むという完璧な出来栄え。漫画に完全に殉じるのがドラマとして正しい、なんてことをいう気は更々ないが、H2がH2であるために必要(と俺が思う部分)のほとんどを除くことなくドラマとして構成していることには感服の至り。今後もとても楽しみだ。