一冊

『新ロードス島戦記2 新生の魔帝国』水野良

新生マーモ帝国との争いが表面化。
時同じくしてスパークがロードス諸国を歴訪。
本編を進めるために、歴訪時の出来事は殆ど割愛されてるのですが、本編よりそっちの方が面白そうな気がしてならないのが何ともいえないところで。それで本編がさくさく進んでるなら文句はないのですが、年に一冊未満の刊行ペースってのがねえ。同時に複数のシリーズ抱えてるから仕方ないのですが。まあ愚痴はこれぐらいで。

今作ではニースが自らに隠された秘密をスパークに明かすシーンがあります。
何ともほろ甘い恋愛事情ですが微笑ましいとも言えるので二人には頑張って貰いたい所。
公王の友人であるハーフエルフの微妙な気持ちもわからないのではないのですが、深読みせずに読んでいるとこのキャラはむかついて仕方ないキャラなんじゃないかと思います。新の前の時の冒険がどんなのだったか殆ど忘れてる俺としては、お前ちょっと黙ってろと一時間ぐらい説教したくなるようなキャラに思えたりするときがあったりして。まあいいんですけど。