ロードス終了

『新ロードス島戦記3 黒翼の邪竜』水野良

マーモ全土を覆いつくさんとする竜熱の打破がメインのシナリオ。
後は前回登場した不死身っぽい司祭ともバトルしてました。

旧ロードス時代のなつかしのキャラが何人か出てきたりで相変わらず面白い。
結構激しめの戦闘があったりするんですが、あとがきにもあるとおり鉄の王が出張ったら瞬殺できるようなレベル。考えてみるとロードス島伝説時代の勇者たちの強さってのはスパークたちのレベルでは全然計りきれないほどにとんでもないレベルだったんだよなあ。なんて思っているとロードス島伝説を全部読み返したくなったりするので思うのはやめよう。

『新ロードス島戦記4 運命の魔船』水野良

ロードス本島とマーモ島の間の海峡を封鎖する作戦に出た新生マーモ帝国唯一の頭脳。
今更ながらこのキャラの攻めかたは至極もっともなものばかりで、全てをスパークが解決出来たのは奇跡的としか言いようが無い。そういう部分はやはり英雄ってことなんだな、と遅まきながらに感じた。

今回で新生マーモ帝国との戦闘は実質的には終結し、次回からはカーディス教団戦とロードスシリーズ初となる三角関係による男女戦争が中心となる様子。前者の方は大いに楽しみなのだが後者の方はリウイみたいなことになるんじゃねーかとちょっと怖かったりする。おかしな方向に進みまくってる水野良だけど、彼の代表作であるロードスシリーズでだけは変な方向にいかないことを祈るのみだ。