69回放送

此処の所うた∽かたの方を楽しみにしてる自分がいるのが何ともいえない感じですが、可愛いものは仕方ないじゃないか。アニメ見たことも見る予定も無いんですけどね。

とか言ってる間に君のぞらじおスタート。
レギュラーの数から考えると1時間枠でも足りない感じなので仕方ないのだけれど、最近どうも中身が酷く薄っぺらい感じがしてなりませぬ。まあすかてんらじおさえあれば文句はないのだけれども、そのすかてんの時間が少ないのも切ないし。何せ今の流れというと、自己紹介→cm→自己紹介→メール紹介→曲紹介→cm→すかてんらじお→曲紹介→cm→エンディングトーク、といった感じで放送時間の3割分は告知とcmで終わってる状況だったりするので。

閑話休題。

萌えとは何か、みたいなトークになってます。
此間ようやく出した俺の結論では、『萌えとはギャップである』という至極普通なもの。わかりやすく例えるとガチガチの軍人美女が一瞬見せる弱さというか可愛さというか(って空の中のメインキャラのことだが)。我らがあゆ様でいうところの超毒舌と素直さのギャップですな。結論を出してみれば当たり前すぎて馬鹿馬鹿しくなるぐらいなんだけど、だからこそじっくり考えないと答えは出ないわけです。や、じっくり考えたわけじゃないけどさ。

ジョイまっくすの自社cmつき今週の一言を乗り越えて、らじおすかいてんぷるスタート。

なんかこっちでも萌えトーク炸裂。
やっぱりというか、皆揃ってから別収録してるみたいなのでトーク内容が混在していくのは当然なんですな。といったところで、唐突に罰ゲームつきのUYAMUYA対決。テーマは『冬の食べ物で山手線ゲーム』。
あっというまに勝負はついて、まゆまゆの赤ちゃん言葉曲紹介。二度目ってこともあるがとんでもない破壊力だ・・・恐るべし吉住梢。まあ一番すきなのは最後の『大変だっつーの』って言葉なわけだが。

ってエンディングトークではすかてんらじおを踏まえてのネタかよ!ってことは放送順に収録してるってことか。

今回散々文句言っといてなんだが、相変わらず面白かったです。