夕方までのこと〜夜のこと

2時半に寝たんだけど3時半に目が覚めた。
仕方ないのでダーククロニクルをプレイ。
面白いとは思わないのだが何故かプレイしてしまう不思議な魅力がある。

プレイしているとだるくなってきたので10時ごろから2時間半ほど仮眠をとる。
その後昼食をとってから再度プレイ。
そうこうしていると唐突に昴が読みたくなったので読むことにした。
11巻しかないので読むときはいつも一気に読む。
というか途中でやめることが出来ない作品である。
銀盤カレイドスコープを読んだときにも多少鳥肌がたったが、昴はやはり桁が違う。
最初から最後にいたるまで作品内に没頭させられ、鳥肌が立ちっぱなしだった。
これほどの表現力を持った作品にはそうそう出会えないだろう。
ただ、何度読んでも思うのだが、ボレロ編すぱっと終わらせてしまったほうが良かっただろう。
連載終了直後はそのうち第三部が始まると高をくくっていたが、何の音沙汰もないまま次の連載が始まってしまったし。
スラムダンク同様、あれ以上のものはもうかけないという判断での終了だろうか。

この後18時30分から歯医者。
終了後多少勉強をする予定。


結局勉強というかメモをまとめただけ。
後はちょびっとダーククロニクル

明日に備えて早く寝ます。