1冊

スレイヤーズすぺしゃる 24 地底王国の脅威』神坂一

とっくの昔に完成を迎えたというのに終わることなくひたすら続いている本シリーズ。最早マンネリの一言で語ることすらおこがましい状況ですが、規定範囲内の面白さはちゃんと与えてくれるので文句はない。それに毎回1作品はお気に入りの作品というものがあり、今回は表題でもある『地底王国の脅威』がかなりお気に入り。時代に媚きっているのかは知らんが唐突にメイド服が登場したり、最近よくみるモンスターとのほのぼのとした生活をまたまた見ることが出来たりしたのでご満悦です。神坂さんがものすごく面白い小説を書くことはおそらくもうないでしょうが、今後も追い続けていく所存です。

(☆☆☆)