今日のこと

仕事に関しては五月病真っ盛り。
そろそろきちーぞ。

愚弟が買ったPSPに使うためのメモリースティックが到着したので色々実験。
折角なので軽くレビュー。

PSPのメイン機能ともいえる動画再生機能>

設定に試行錯誤したものの充分満足のいくパフォーマンス。
本体とメディアの価格合計で3万円するが、お気に入りの動画を持ち歩きたい人なら迷わず買っていいといえよう。動画の動きは滑らかだし、サウンドもそう悪いものじゃない。


<おまけ機能かメイン機能か微妙な音楽再生機能>

これまた中々に良し。
サウンドはぼちぼちだが早送りや巻き戻しが至極スムーズ。
これあれば一々MP3ウォークマンを買う必要がない、といえなくもない。
まあでかいわりに安定感のない本体なので持ち歩きには不便なんだが。


<なんともいいようのない画像再生機能>

ある程度ディスプレイがでかいので携帯電話で見るよりは断然良い。
が、次の画像にいくまでに結構のラグがあるので電子ブックを読む感じで使用するのにはちぃとばかし不便って気がしないでもない。


<現時点ではおまけと断言できるゲーム機能>

魅力的なソフトが皆無なのが難点だが、ゲーム機としての性能はやはりたいしたもの。
愚弟が購入したテイルズオブエターニアを軽くプレイしたが、グラフィック、ロード時間、ヴォイスなどはPSを充分に超えているように感じた。性能という観点で考えた場合、他のゲーム機を圧倒していると断言できる。それがゲームの面白さに繋がるというわけではないのだが。


<総括>

欲しけりゃ買えばいいがそれほど欲しくないならいらん。

や、当然っちゃあ当然な結論なんだけどまじでこんな感じ。