1冊

『血塗られた神話』新堂冬樹

第7回メフィスト賞受賞作。

若き街金融の社長と、彼を苦しめようとする変な組織と、宗教めいた戯言を延々と語るバーテンと、実際にいるかどうかはしらねーけどミステリー物には絶対一人はこういうやついるよなーって感じのする嫌な刑事が送る、普通のミステリー。
別になんかのトリックがあるわけでも密室殺人ということでもなく、純粋に犯人を探し出すタイプのミステリー。
途中血みどろだったりアングラ全開だったりするところで人をわけるかも。
内容自体はまあいいとしても、なんか妙に読みづらい文体と、過剰に飾り付けられた比喩に少々げんなりとさせられる。
駄作じゃないけど傑作でもない、といったところ。

(☆☆☆)