FUKUYAMA FIRE 〜A Tribute To Nekki Basara〜

昨日買って即座に無くしたので仕方なく一緒に買った奴からゲットして聞いたCDであり、その名の通り歌バサラであるところの福山芳樹が10年の時を経てFIRE BOMBERというか熱気バサラの歌を歌ったもので新曲が一曲増えてる以外はなんとも懐かしい曲のオンパレードである。

当然のようにかなりの期待を持って聞いたわけだが、想像以上に素晴らしかった。
どの曲も福山芳樹なりにアレンジされており、うち2曲はライブカット。
当時ほどのキーは出なくなっているため、あの凄まじいまでの叫びはなくなっているが、その分安定感が増しているといえなくもない。第一、多少叫びが衰えても世間的に見たら充分な叫び声を放てているわけだし。

ライブ中も曲のたびどころかフレーズごとに咳き込むほど魂を込めて歌っている福山芳樹がどれだけ魂を込めてこのCDを作ったのか、ということが聞いていて本当に良くわかるの。

新曲のLIKE A FIREは10年後の熱気バサラならこういう歌を作る、という福山芳樹独自の解釈から生まれた新曲(と、本人がライブでいっていたので間違いない)であり、そう宣言するに相応しいほどに熱気バサラな曲である。バサラは何年たってもバサラのままであり、きっと今も宇宙のどこかで歌い続けているのだろう(といっても時代的にはかなり未来の話なんだが、まあ心情的な意味でってことで)。

福山芳樹ファンのみならず、FIRE BOMBERファンは確実に聞いておく必要がある珠玉のCDである。