機動戦士Zガンダム−星を継ぐ者−

かつての少年達を熱狂させて同名TVアニメを富野御大自ら再編集して構成しなおした3部作が第一作目。

第一話から『アムロ再び』までの10話と少しを95分に圧縮してるため色々と端折ってる部分があるが、その分密度はとても高いものになっている。実のところ何年か前に通して一度見たきりなので、内容はスパロボのストーリーを通して覚えているぐらいなのでとても新鮮な気持ちで楽しめた。ただ、誰が主役なのかが非常に判断に困る作品ではある。多分キャスト紹介の順番どおり、シャア・アズナブルが主役なんだろうけど。

TVアニメで使われたカットと新しく描かれたカットの違いがあまりにも明確すぎるのは多少気になった。別にTV版の絵に文句があるわけではないが、戦闘シーンなどでの追加カットがあまりにも格好よすぎて、どうせなら全編作り直して欲しいという気が沸いてきたので。これに関しては監督自らがどっかで『全部作り直しちゃうととことんまでやっちゃいそうだからやめた』みたいなことをいっていたはずで、実際そうなるだろうと思うので仕方ないとは思うんだけど。

95分とやや短めの映画だが、戦闘シーンの格好よさはマジでとんでもないのでガンダムファンなら見に行って損はない筈。やはりガンダムは富野監督が作ってこそだよなあ、としみじみと考えさせられた。

秋公開の第二作目が楽しみである。