『姑獲鳥の夏』

京極夏彦原作の同名タイトルの映画化。
正直見てて眠くなるだけのつまらない作品だったが一応感想。

京極作品にしては短い、とはいえ一般的に見たら充分長編である原作をたかだか2時間に纏めるなんてのはどだい不可能なことでして、必要と思える部分までもが見事なまでに削られちゃってます。それはまあ仕方ないことなんですけど、妙にBGMがうざかったり不必要としか思えないような演出がふんだんに散りばめられてたり、脇役どもが過剰なまでに気持ち悪い演技を只管繰り広げちゃったりと、文句しかつけようのない状況。メインキャストの演技は中々よかったんですけどねえ。

噂だと今後シリーズで展開してくみたいですけど、この出来ならもう見たくないですね。

(☆☆)