『STAR WARS エピソード3 シスの復讐』

全世界のファンが待ち続けたスターウォーズの集大成となる作品。
アナキンがフォースの暗黒面に落ち、ダースベイダーとなる部分が描かれています。
ストーリー的には相変わらずの王道っぷりを見せてますが、これまでの伏線を解消しながらアナキンの信念の移り変わりや、その周りの人たちの苦悩が見事に描かれています。
グラフィック面ではついにここまできたかってぐらいに見事なCGと、ようやくやってくれたぜって感じに気持ちのこもった殺陣とが相まって素晴らしい迫力を醸し出していました。
キャストの演技も見事で、特にアナキンがフォースの暗黒面に堕ちる部分の迫力といったら、素直にアカデミー賞やっちまえばいいんじゃねーかと思うぐらいの見事さでした。

別段スターウォーズファンというわけでもない俺が十二分に楽しめたわけなので、シリーズのファンが見たら満足できるのは間違いねーんじゃないかと思います。

(☆☆☆☆★)